一押し素材エステルシャンタン風呂敷

風呂敷の新しい素材として注目されている
エステルシャンタンは、群を抜いた発色の良さによって
和の生地としての新境地を開く役割を果たしています。注目されている

もともとシャンタンは、ブロードのようなスタンダードな
平織りと違い、太い横糸を用いて平織りにしています。

縦糸と横糸の太さが違うことによって、糸目に適度な
ランダム感が生じる状態になっていることから、
張りがあって丈夫な、しっかりとした印象の生地になっています。

そのシャンタンをポリエステルによって
作り上げている製品が、エステルシャンタンです。

適度なハリを持っていることで、ビビッドカラーを
より鮮やかな発色へと導くことができる生地として、
大いに期待されています。期待が高まる

現代における風呂敷素材として最適の生地という
評判を高めているが、まさにその点で、インクジェット
プリンターのインク発色と抜群の相性の良さを持っています。

デザインの上で最も重要になるのが、色合いの
再現となりますが、インクジェットプリンターが
再現する微妙な色彩を生地本来のハリによって、
より鮮やかに見せることが可能となっています。

エステルシャンタンの風呂敷は、持前の上品な
光沢と、最大の特徴である生地の適度な張りによって
物を包んだ時に形を整えやすく、表現された形状の
美しさを際立たせることができます。

正絹や綿、麻などの伝統的な素材と共に
新たに生み出された化学繊維も、和の雰囲気を生かし、
さらに高める生地として用途の幅を広げています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)