授乳の際に便利である風呂敷

SDGSや持続可能な社会を目指して日本でも様々な取り組みが行われています。
これは各家庭においても取り組まれており、特にエコロジーな取り組みとして有料の
レジ袋を使わずに風呂敷で代用するといったことも見られるようになりました。

こうした一人一人の取り組みが地球のCO2を削減し、地球温高を回避し、美しくあら
ゆる生物がすみやすい地球を後世に残すことができるのです。そしれこの無地風呂敷は
災害時などにも便利なものとして注目を集めるように成って居ます。

災害時の包帯に代用

無地風呂敷は大判であり、災害時の避難場所での授乳ケープとし目隠しすることも可能となるのです。椅子やスーツケースの持ち手に結んで広げれば、大きな目隠しと成ってプライバシーを保ちながら授乳できるようになります。

さらには、防災頭巾や包帯とし活用できてしまう便利グッズでもあるのです。無地風呂敷は縦と横があり横は特にバイアスで伸びるので、包帯とし利用が可能なのです。木綿生地やガーゼ生地であると、さらに災害時に大買う訳します。防災グッズのリュックの中に数枚風呂敷を入れておくのも良いでしょう。いざと言う時のために大活躍してくれること間違いありません。

風呂敷は遊具としても使える!

風呂敷は遊具として使えることを多くの人が知りません。

災害時避難場所では、赤ちゃんや子供がぐずってしまって困り果ててしまうこともあります。この場合両端を結んでゆりかごとし活用することも可能なのです。見た目以上に強度や耐久性が高いので、こうしたことも可能となります。そして、そりすべりという遊具に変容させることもできます。

無地風呂敷の片側の両端を結び、そこを引っ張って子供を乗せた状態でスライドさせてそりのように遊ぶこともできます。これも風呂敷が非常に強度に長けるアイテムであるからこそできる業です。無地風呂敷は災害時のみならず、日常生活のインテリアとしても活用できます。

例えば使わなくなってしまった無地風呂式をリメイクしてクッションカバーにした李、複数枚つなぎ合わせてソファーカバーにすることもできます。

強度が高いので、ソファーカバーにも最適です。縦方向に何枚か並べて、つなぎ合わせテーブルセンターにしたり、ランチョンマットとして再利用も可能です。ガーゼ生地ならストールとしファッションアイテムとして再利用するのも良いでしょう。

どこまでも再利用が可能なアイテムであり、持続可能な社会にとって欠かせないアイテムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)