綿生地のオリジナル風呂敷を注文

オリジナル風呂敷は専門的にサービスを提供しているところに相談することで、誰でも気軽に自分だけの商品を手に入れることが可能です。どのような商品にするのかは各自で自由に決めることができますから、とても自由度の高いサービスだと考えられます。

綿生地のオリジナル風呂敷

綿生地のオリジナル風呂敷が欲しいと考えているような人も存在するはずですが、基本的には綿生地でも依頼することができるところはたくさん存在するので安心です。

オリジナル風呂敷はビジネスとして大量ロットで製作を依頼するようなこともできますし、個人的に贈答用として少量だけ依頼できるところも少なくありませんから、便利にサービスを活用していくことができます。

綿生地のオリジナル風呂敷でもお得な料金設定でサービスを提供しているところは多いので、良心的な価格でそのような商品を手に入れることが可能です。生地にこだわることで高級感を出すようなこともできますから、実際に商品を購入することができれば、お店などでも活用することができます。そのため屋号や社名などを名入れするようなこともできるので、完全に他にはないオリジナルの商品に仕上げてもらうことができるのでとても便利なサービスです。

しっかりとサポートしてくれる

自分だけの風呂敷を作りたいような場合は、基本的にカラーをたくさん使ったほうが素敵な状態にすることが可能です。そのため顔料インクジェットで印刷してくれるところを探している人も少なくないと考えられますが、そのようなサポートが用意されているところも存在するので、実際にサービスを利用するのは難しくありません。

フルカラーで細かいデザインを実現

フルカラーで細かいデザインを実現するようなところもありますし、小ロットから注文できるところも存在するので、個人的に風呂敷を注文したいような場合でも顔料インクジェットで対応してもらうことが可能です。

基本的に色制限がないような特徴がありますから、各自で好きなカラーを選んでいくことができますし、複雑なデザインでも対応してもらうことができますから、希望を伝えることでその通りの状態で完成すると考えられます。

写真やデジタルデータなどを風呂敷に取り入れるようなこともできますから、綺麗な写真をそのまま使用するようなことも可能です。当然ながらサービスを利用するところで対応してくれる内容には違いがありますから、どのようなサポートが用意されているのか最初に各自でチェックしておかないといけません。

アップサイクルの風呂敷はとても便利

和服等を購入した場合でも、末永く着ることができるケースもありますが1カ所穴が空いてしまう場合や汚れてしまった場合には、なかなか着用し続けるのが難しくなります。着物と風呂敷

一昔前であれば、いらなくなった物として高級な服でも捨てていたかもしれませんが最近はSDGsを実践するケースが増えてきています。これを簡単に言えば、アップサイクルと言うものになりますが要するに再利用をすると言うことです。
しかも再利用するといっても、同じ物で利用するわけではなく形を変えるのが特徴です。先程の和服の例で言えば、もう一度和服に仕立てると言うよりも全く形が異なる風呂敷などに変化して利用し続けるのが特徴になります。
これは、使い方によっては利便性の高い方法の1つになります。わざわざ購入する必要がなく、
以前に利用していた素材を使うことができるからです。

もう一つ便利な理由があるとすれば、好きなサイズにすることができることでしょう。
一般的に、生地の大きさ等は決まっていますがオリジナルの商品を作る場合には特に大きさは決まっていません。
生地の面積がそれなりに大きければ、その範囲の中で自由に作っても良いわけです。
そのような意味において、自分が利用したい大きさに作ることができる事は非常に魅力的と言えるでしょう。

SDGsを実践してマイバッグにすることも

スーパーマーケットの袋は、時代とともに変化してきました。
一昔前は、茶色の紙袋が利用されていました。
茶色の紙袋は、コストが安いだけでなく使い勝手が良いからです。
しかし、持つところがないことを考えると、自転車に乗っている場合ならば自転車等のカゴに入らなければなかなか持ち運ぶことが難しくなります。

そこでできたのが、手にぶら下げることができるビニール製のバックになります。
これは非常に普及しましたが、その反面ゴミの問題などがあり現在ではあまり使われていません。
スーパーやコンビニなどにいっても、それを使わずにマイバッグを使うようにしているわけです。

風呂敷バッグ
自分のバックといってもいろいろな種類がある中で、SDGsを意識して風呂敷などを使うのも1つの方法です。
風呂敷は、平成生まれの人はあまり知らないかもしれませんが、手で持てる程度のものを包むのに最適なものになります。
うまく包めば、下に落下する事はほぼありません。

それだけでなく、何度も使える店は非常に使い勝手が良いでしょう。
再利用して風呂敷にする場合には、コストがそれほどかからないだけでなくなじみのある生地を使うことができるわけです。
風呂敷自体に愛着が湧くのは間違いないでしょう。

2本のビンを風呂敷で包む

お酒好きな方にプレゼントとしてワインやビール、日本酒などを贈る機会はよくあります。

そんな時、購入したお店でラッピングをしてもらうこともできますが、
家にある特別なお酒を持っていく時はお店のようなラッピングはなかなかできません。

そんな時におすすめなのが風呂敷を使った包み方です。
見た目もおしゃれになるので、ただ紙袋に入れて贈るより喜ばれることもあります。

では、2本のビンの包み方をご紹介します。

2本の瓶を包む

まず、風呂敷を広げて2本をこぶし一個ぶんの間を開けて中央に横に並べます。
そして、手前の端を反対側の端に持っていき、中央のビンを転がしてクルクル巻いていきます。

そして、巻き終わりの先端が真上にくるようにして、その先端を瓶の底で踏むようにして2本を立てます。
そして上に伸びている2本の端を真結びにしたら完成です。

持つ時に結び目を持つと楽に運ぶことができます。
そして、瓶の大きさによって風呂敷の大きさを変えれば、どんな大きさの瓶でも包むことができます。

ワインを包む時は2巾サイズのものを、一升瓶なら3巾サイズのものを
用意するとはみ出すことなく、しっかり包むことができます。

また、2本を包む場合は同じ大きさのものを用意することをおすすめします。
このように風呂敷があれば2本のビンをおしゃれに包むことができます。

相手にも喜ばれますし、不要なら包んだ布は折りたたんで持ち帰ることもできます。
いつもと違うラッピングでプレゼントを渡したい方にはおすすめです。

風呂敷でプレゼントをラッピングするメリット

最近ではSDGsやエコといった環境に配慮する活動やそれにちなんだ言葉が
日常的に当たり前に使われています。

中でもプラスチックゴミに関心を持つ方は少なくなく、
過剰包装や不要なラッピングによってゴミが増えてしまうことで
環境への配慮にも欠けてしまいます。

もし贈り物をする際に風呂敷で包んで渡せば、見た目が上品なだけでなく
ゴミが一切出ないため、エコにもなります。

また、もらった相手からすればその風呂敷もプレゼントの一部となり
後日何かを包んだりカバーしたりと幅広く使えるため
喜ばれること間違いなしです。

風呂敷ラッピングのメリット

ちょっと普通とは違った贈り物がしたいと考えているのであれば
風呂敷ラッピングをぜひ検討してみてください。