使い方は無限大!便利な撥水風呂敷

風呂敷は遡れば室町時代から使われていたことが
文献から分かり、一枚の長方形の布であるにも関わらず、
とても使い勝手の良いアイテムです。

基本となるのは物を包むことで、箱や書籍といったものは
もちろん、ワインや鉢植えといったものも簡単に包んで
持ち運びすることができます。

中身によってさまざまな包み方ができて、
しかもデザインも豊富に揃っているので
お使いの時など紙袋やビニール袋に入れて
届けるよりも、優雅な印象を与えることができて
利用されることが多いです。

最近は和柄だけではなく、チェックや水玉、
幾何学模様など多様性が出ていて、好みや趣味で選べます。

さらに素材にもこだわりがあり、技術力によって
生み出された撥水風呂敷もあるので便利です。

天気の影響
これまで風呂敷というのは布であり、
雨など水には弱いものでした。

風呂敷だけではなく、包んでいる
中身も濡れてしまっては
意味がなく、雨の日には使えません。

そこでよい使い勝手を良くしたいと考えて
開発されたのが撥水風呂敷で、特殊な加工によって
水を撥じく布となっています。

特徴としては防水ではなく撥水で、
織り目を塞いでいないので通気性が保ち、
ムレることがないのでスカーフや膝掛といった
用途にも利用できて、一枚持っておくと便利です。

一般的な風呂敷としての他に、
撥水だからこその使い方もできます。安全性が高い

風呂敷は縛ってバッグを
作ることもできて、
鞄の中にしまっておいて、
急な買い物で荷物が増えた
時などに役立てる人が多いです。

包むものを選ばず、さらに折りたためば
とても小さくなるので場所を取らずに済みます。

さらに撥水だからこその利用法として、
バッグではなくバケツとしても使えます。

キャンプやバーベキューなどアウトドアの時に
さらに災害時に水を汲む必要が出た時に
風呂敷がバケツになるのは便利で持っておくと安心です。

雨の日はもちろん、水を汲むといった目的にも
使用できるので、何かの時に備えて鞄の中に
しまっておくと役立ちます。