風呂敷授業が導入されている学校が多くなっている

日本の伝統文化や芸術などは、海外では高く放火されています。職人の巧みなわざと繊細な
手仕事によって、陶器や染色、織物などが注目を集め人気となっています。

なかでも風呂敷を日本に来日して知り、それを土産とし持ち帰り、その利便性に彫り込んだ
外国人も少なくありません。海外で風呂敷を専門の意扱うショップなども展開されるようになり、ファッションの一部でヨーロッパなどの国々で愛されています。

世界を代表するファッション誌に名地にも取り上げられており、海外では高く評価されている訳です。スカーフにしたり、バッグに応用するなど、エコで持続可能なSDGsなファッションアイテムとし珍重されてるんです。

だが日本では、あまり風呂敷を愛用する人がすくなくなってしまいました。
そこで日本の小学校で文化の継承活動とし風呂敷を取り入れる授業も展開されています。

風呂敷の歴史は奈良時代にまでさかのぼる

そこに描かれている文様も奈良時代に建立した寺院などからインスピレーションを受け、模様に採用されたものも少なくありません。それほどまでに伝統や歴史がある文化や伝統工芸でもあり、これを廃らせてはいけないとして、積極的に小学校の授業で取り入れられているのです。

どのようなことを小学校で学んでいるのか

前述したように、その歴史は奈良時代にまでさかのぼり、寺院仏閣に施された唐草文様などが採用されているなど小学校ではこうした歴史的なことも学んでいます。

それと同時に現代のエコやSDGsにマッチした持続可能な環境に優しいアイテムであることも子供たちに教えています。例えば風呂敷は様々な日常シーンで使うことができます。

最近ではスーパーやコンビニエンスストアでもレジ袋を配布しなくなりました。そうした時にも風呂敷一つあれば、どんなアイテムも運搬できるなど実用面の学習も展開しています。形状はいとわずビール瓶も、小さな食品でもなんでも包んだり、結び方を創意工夫すると運べてしまう便利グッズでもあるんです。そしていざという時の防災道具になることも子供たちに伝えています。

エコで持続可能なSDGsなファッションアイテム

風呂敷を何枚か過多結びし、連結させることで強度の強い長い紐になり、防災時や避難時に活用できることも教えています。そして運搬などで頻繁に使って汚れてしまったり、ほつれなどが見られ色あせあ風呂敷の活用法も教えます。

このようにぼろぼろになっても、まだ家庭で雑巾や大ふきとして扱うことができることも教えているのです。
まさに環境に優しい持続可能な取り組みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)